水道公論

水道公論 2021年7月号

表紙の人  東北学院大学名誉教授 石橋 良信 氏

 今号の「表紙の人に聞く」には、東北学院大学の石橋名誉教授にご登場いただいた。自分のために生きる「第一の人生」、社会・家族のために生きる「第二の人生」を経て、タイのコンケン大学で人のために生きる「第三の人生」を歩み始めたが、コロナ禍により状況は一変。タイに帰れなくなったが、オンラインで現地の大学院生を指導しつつ、自身が立ち上げた「コミュニティ水道改善プロジェクト」を継続、改善策の方向性は見出すことができた。今後、コロナ禍の収束後にタイヘ戻り、プロジェクトを成し遂げ、タイの地方の水道を改善し、健康的で快適な生活の実現に貢献したいという。第三の人生の再スタートに向けて、日本国内で雌伏の時を過ごしている石橋名誉教授に、これまでの国内外での活動経過、今後の方針などをお聞きした。

石橋 良信(いしばし・よしのぶ)氏 プロフィール

 東北大学大学院工学研究科博士課程修了(工学博士)。1977年4月東北大学工学部助手を経て、79年4月に東北学院大学工学部講師に就任。82年4月同助教授、92年4月同教授に就任。2016年3月に定年退職し、同大学名誉教授に就任するとともに、同年10月からコンケン大学公衆衛生学部教授。2017年10月から短期でフィリピン大学公衆衛生学部客員教授も兼務。2020年9月コンケン大学公衆衛生学部を退職。1988~89年にはイリノイ大学医学部客員研究員(細菌,免疫学教室)、96~98年にはAIT教授、2012年4月~2016年3月には東北学院大学大学院工学研究科長も務めた。日本水環境学会東北支部支部長・理事、日本水道協会国際委員副委員長、国土交通省水質保全対策検討委員会委員、東北みずの会会長なども歴任している。座右の銘は母校である仙台第一高等学校の校訓「自重献身」。愛読書はエッセイ集、趣味は自然観察と空手。1948年4月生まれ、仙台市出身。

7月号目次

■グラビア
・類似点と相違点 …幹太
・改正水道法に基づく対応進む
・全国で広がる水道スマートメーター
 東京都/第一環境/吹田市ら
・新たな時代への船出
・技術最前線 コスモ工機/東芝インフラシステムズ/日立製作所/東信工業
・マンスリーフラッシュ
・水面は語る 第5回…夏の光は綺麗か厳しいか…白汚零

■表紙の人に聞く
 タイの地方の水道を改善し健康で快適な生活の実現へ …石橋良信氏

■記者座談会 流域治水関連法が成立、経緯と背景

■逆転の思想 企業広告への出演 …亀田泰武

■連載 経営トランスフォーメーション①
 …東亜グラウト工業㈱ 山口乃理夫氏

■研究報告

みおつくし
標と大阪市章 ~その一~…梶野勝司

■シリーズ 海外水ビジネスの要点を探る㉗
 東京都水道局・下水道局とニューヨーク市上下水道
 システムとの比較 …工藤克典

■技術評論 「過去の箱」「未来の箱」
 ~ベテラン/若者論~ …中里卓治

■解説・水道技術士試験(6)
 令和2年度 上水道及び工業用水道Ⅲ-2
  …技術士を目指す人の会

■コラム 海外水ビジネスの眼 エクイティとローン
…NY

■「下水道技術士」への道〈33〉
 令和2年度 衛生工学部門 水質管理Ⅱ-1-1
 及び2 …下水道技術士試験研究会

■隔月連載 大ちゃんのつぶやき 猫の目…杉戸大作

■連載 水道人物誌 第6回
 ウィリアム・K・バルトン …小泉智和

■コラム 楽知る上下水道
 ⑪お風呂と限界水深 …那須 基

■連載 列車トイレ世界編 ⑬カナダ …清水 洽

■下を向いて歩けば 第七十九回
 やはり聖徳太子でしょう …垣下嘉徳
・2021暑中名刺広告
・経済時評
 「量」から「質」への転換 …真保秀幸
・公論ダイジェスト
・広告索引/編集後記

◆表紙バック写真 コンケン大学公衆衛生学部の校舎

 

過去の記事

ページの先頭に戻る