最新ニュース

NEDO 海淡の省エネ化研究進む

2019年02月21日

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は1月30日~2月1日、東京ビッグサイトで開かれたインターアクア2019(一部既報)に出展し、膜処理を中心とした水分野の技術開発・実証研究の最新動向を発信した。特に海水淡水化については、海外市場での競争力を高めるべく、システムとしてエネルギーコストと環境負荷を低減する研究を進めている。RO膜法を応用したシステムの大規模実証事業、FO(正浸透)膜の開発事業などが今後のビジネス展開を模索する関係者の注目を集めた。

ページの先頭に戻る