水道公論

水道公論 2021年3月号

表紙の人  配水用ポリエチレンパイプシステム協会会長((株)クボタケミックス代表取締役社長) 土 和広  氏

 2月5日に設立25周年を迎えた配水用ポリエチレンパイプシステム協会(POLITEC)。水道配水用ポリエチレン管(HPPE管)は採用事業体数・延長ともに年々拡大しているが、HPPE管の普及促進を担う同協会は、新型コロナウイルス感染症が拡大する中で、今後どのような進路を歩むのか。2019年4月から陣頭指揮を執る土会長に聞いた。土会長は人口減少や高齢化、地球環境への関心の高まりなど世の中の変化やそこから生まれる新たなニーズにHPPE管を適応させるための調査研究をさらに推進するとともに、公的活動も拡大していく方針を明かした。

土 和広(つち・かずひろ)氏 プロフィール

 1980年3月に中央大学法学部を卒業、同年4月に久保田鉄工㈱(現在の㈱クボタに入社)。同社合成管特販営業部長、クボタシーアイ㈱特販営業部長、営業部長、総務部長、企画管理本部長、コーポレート本部長、営業本部長、取締役常務執行役員、㈱クボタケミックス取締役専務執行役員などを歴任し、2019年1月より現職。2019年4月から配水用ポリエチレンパイプシステム協会会長、2020年5月から塩化ビニル管・継手協会会長も務めている。趣味は浅く広くで、本人曰く「どれも中途半端」。街歩き、ゴルフ、スポーツ見学、車の運転、寺社仏閣巡り、ガーデニング、コイン収集など。最近はライブハウス通いにはまり、ジャズ、ラテン、ロック、ポップス、歌謡曲等、さまざまなジャンルのライブにコロナの影響で中断するまで年間50回以上足を運んだ。1957年5月生まれ、岡山県出身。

3月号目次

・こうろん 大阪都構想と水道事業 …知水拓水
・福島県沖地震 東北で震度6強
・経営持続と質の向上を図る
 新企業団 7年度事業開始
・非常時への備え 万全に
・経験を教訓に再発を防ぐ
 厚労省・日水協/POLITEC
・連携し被害最小限に
 かずさ広域連合(企)/南房総市
・技術最前線 東京都水道局/鶴見製作所/明和工業/神戸市水道局・出光興産・横河ソリューションサービス
・マンスリーフラッシュ
・水面は語る 第1回
 …鉄バクテリアの美しくも儚い世界 …白汚零

■表紙の人に聞く
 耐震化率の向上や環境に配慮したインフラ整備に貢献…土和広氏

■記者座談会 下水道事業のDXへの取組み

■逆転の思想 テレビCMの背景 …亀田泰武

■全国会議・水道展/下水道展 応援特別企画
 コロナ禍におけるイベントのあり方を考える

■特別インタビュー 写真家 白汚零氏に聞く
 -新連載「水面は語る」開始に当たっての思い-

■シリーズ 海外水ビジネスの要点を探る㉓
 日本版シュタットベルケ(都市公益公社)の類型化を考える …森本達男、三輪千里

■コラム 海外水ビジネスの眼
 温暖化と貧困問題に対処する道 …笛吹童子

■技術評論 オンライン~行動変容に向けて~…中里卓治

■特別寄稿 バルトン先生の悠久の夢
 第1回 バルトン先生と台湾-その生涯と遺訓-…稲場紀久雄、鄧淑晶

■不定期連載 東京水道人物伝⑤
 水道広域化のあゆみと有名無名人 …山田 弘

■連載 水道人物誌 第2回 ファン・ドールン
…小泉智和

■歴史探訪 日本下水道施設管理業協会 歴代会長物語
 第五話 『五代目 江田陳隆会長の巻』…村國政春

■追悼 浜田康敬さんを偲んで 杉戸大作

■コラム 楽知る上下水道 ⑦
 健康食品と物質収支 …那須 基

■連載 列車トイレ世界編 ⑨台湾 …清水 洽

■「下水道技術士」への道〈29〉 令和2年度下水道
 Ⅱ―1―1および2…下水道技術士試験研究会

■下を向いて歩けば 第七十五回 シュガーロード?!
 シルクロードでなく …垣下嘉徳
・経済時評 「使う」から「生かす」へ …真保秀幸
・公論ダイジェスト
・広告索引/編集後記

◆表紙バック写真 軽量という特徴を活かし、長尺管(約20m)を人力で運搬するHPPE管(口径75㎜)の布設現場

 

過去の記事

ページの先頭に戻る