水道公論

水道公論 2021年2月号

表紙の人 (一社)日本水中ロボット調査清掃協会会長(札幌施設管理㈱代表取締役) 田中芳章 氏

 断水できない配水池を水中ロボットにより調査清掃を行う工法が注目を集めている。日本水中ロボット調査清掃協会は、平成13年の発足時は会員数も少ない任意団体だったが、平成27年の一般社団法人化と前後して、水道界の著名な学識者らの後押しも受けながら、工法の安全性・衛生性を確保するための各種活動を推進。日本水道協会の水道維持管理指針(2016年版)に続き、厚生労働省の「水道施設の点検を含む維持・修繕の実施に関するガイドライン」に記載されるなど認知度は高まっている。一般社団法人化後2代目会長の田中氏は、民間企業が中心の同協会幹部の中で、札幌市水道局出身という異色の経歴の持ち主。田中会長に、これまでの経歴や水中ロボット調査清掃事業との出会い、現在と今後の協会活動、安全な水道水の供給継続に向けた展開などをお聞きした。

田中 芳章(たなか・よしあき)氏 プロフィール

 昭和50年3月室蘭工業大学機械工学科卒、1年間のコンサルタント勤務を経て昭和51年4月に札幌市入り、水道局に配属。給水部中央営業所給水設計係、給水課技術係(この間インドネシア国へ1年間派遣)、工務部白川浄水場管理係を経て、施設管理課管理係長、建築局建築部大型建築課主査、同部機械設備課長、水道局給水部施設管理課長、財政局工事管理室長、水道局浄水担当部長を歴任、平成23年4月より現職。令和元年より(一社)日本水中ロボット調査清掃協会会長を務める。日本水道協会の衛生常設委員会委員、水道施設設計指針改定特別調査委員会委員、機械・電気・計装設備小委員会委員なども務めた。座右の銘は「人は恩恵に包まれて生きている。恩を感じる処に人生がある」。
 数々の人との出会いに感謝し、大切にしている。趣味はカラオケ。コロナ禍で最近は行くことができないが、井上陽水の曲を歌うのが好き。運動と付き合いを兼ねた「ゴルフ」も趣味の一つ。昭和27年2月生まれ。

2月号目次

■グラビア PDFはこちら

・こうろん 忘れえぬその一言、あらためて思い起こす…水未来の流離人
・総務省 簡水統合へ新たな支援
・南房総市 小向ダム渇水 原水確保・衛生維持へ対応進める
・給水管の耐震化を
・優良技術の活用を
・創造力で課題の壁を乗り越えろ!
・技術最前線 新明和工業/JSOL・管清工業/
 積水化学工業/JFEエンジニアリング
・マンスリーフラッシュ

■表紙の人に聞く
 水中ロボット調査清掃で 水道水の安定供給に貢献
…田中芳章氏

■記者座談会 2020年を振り返る~水道編~

■逆転の思想 和の心 …亀田泰武

■シリーズ 海外水ビジネスの要点を探る㉒
 ベトナムワーキンググループのまとめ…鈴木康二

■コラム 海外水ビジネスの眼
 ベトナムとの20年 …炎ワ鳥

■新連載 水道人物誌 第1回 長与専斎…小泉智和

■歴史探訪 日本下水道施設管理業協会 歴代会長物語
 第四話 『四代目 榊原秀明会長の巻』 …村國政春

■海外短信(最終回)海外雄飛の今昔 …齋藤博康

■技術評論 アセットマネジメント …多芸無芸

■解説・水道技術士試験⑵ 令和2年度
 上下水道部門Ⅰ−2 …技術士を目指す人の会

■「下水道技術士」への道(28) 平成27年度
 下水道Ⅲ-1・2 …下水道技術士試験研究会

■追想 長澤正-月刊「水」代表-

■追悼 五井正季さんを偲んで 亀山 充

■Finder~技術者の視点から~㊳ 多重防御
…中里卓治

■コラム 楽知る上下水道 ⑥
 ペットボトルのお茶と沈殿 …那須 基

■連載 列車トイレ世界編 ⑧
 中国シルクロードを行く鉄道 …清水 洽

■余話様々・虚無恬淡 第75回
 本田静六、日比谷公園と明治神宮 …八木美雄

■保存版 水道公論総目次2020

■下を向いて歩けば 第七十四回
 丑年なので牛を描いた蓋 …垣下嘉徳
・経済時評 グリーン成長戦略 …真保秀幸
・公論ダイジェスト
・広告索引/編集後記

◆表紙バック写真 ウイーン・フィルハーモニー管弦楽
団をはじめ、世界中の音楽演奏家を唸らせた音の宝石箱・札幌コンサートホール「Kitara」。田中氏が機械設備工事を担当、現在は会員の集い「Kitara Club」の幹事を務めている。

 

過去の記事

ページの先頭に戻る