水道公論

水道公論 2020年6月号

表紙の人 (一社)日本下水道施設管理業協会会長 大野博通 氏

 日本下水道施設管理業協会(管理協)会長に、大野博通キュウセツAQUA株式会社代表取締役が就任してから約1年が経過した。新型コロナウイルス感染症が流行する中でも、下水道インフラを機能させるためには、下水処理場で活躍する現場従事者が必要不可欠だが、近年は労働人口の減少に伴い、下水道維持管理業に人材を確保することが困難になりつつある。大野会長に、近年の下水道事業を取り巻く課題への対応、特に下水道維持管理業で深刻な課題となっている人材の確保・育成に関する今後の対応などを聞いた。

大野 博通(おおの・ひろみち)氏 プロフィール

 福岡大学商学部卒。昭和37年4月福岡市役所入庁、平成10年4月建築局住宅部長、平成12年4月下水道局総務部長を経て、平成14年6月株式会社九州設備公社(現:キュウセツAQUA株式会社)入社、平成23年3月代表取締役に就任。平成24年5月管理協理事兼九州支部長、令和元年5月管理協会長に就任。座右の銘は、信念を持ってやり始めたことや、初めに思い立った志望は諦めずに最後まで努力する気持ちを忘れない「初志貫徹」、「有言実行」。趣味は、深田久弥の「日本百名山」を中心とした1,500m超の名峰100山を完登すること(現在、富士山・白馬岳・西穂高岳など87の山を登頂中)。酒の量は飲めないが日本酒とワイン通? 昭和16年8月12日生まれの78歳。

6月号目次

■グラビア

・こうろん 社会機能維持者としての水道事業…水未来の流離人
・コロナ禍で料金減額 各地で影響広がる
・感染拡大防止へ柔軟に対応
・将来見据え官民の連携深める
・上下水道の魅力を発信
・DBOで広域化・共同化へ
・技術最前線 リンクジャパン、千葉市・トミス・日立システムズ・イートラスト、月島機械・テスコ・上野工業所
・マンスリーフラッシュ

■表紙の人に聞く

・現場従事者が意欲と誇りを持ち続ける魅力ある業界へ…大野博通氏

■記者座談会
 コロナ禍で広がる料金減額

■逆転の思想 新型肺炎対処に見る国の病…亀田泰武

■緊急特集
 新型コロナ感染症対策に奮闘する浄水場の今
 ・真の水道サービスは安定供給の持続…水道公論編集部
 ・実務者に聞く 新型コロナ感染症対策に当たっての思い
 ・緊急アンケート 新型コロナ感染症に対する浄水場の取組み

■特別寄稿 下水中の新型コロナウイルスに関する
 最新知見 …北島正章、原本英司

■技術評論 世界銀行~洪水リスク管理に向けて~…中里卓治

■詳報 法改正に伴う指定給水装置工事事業者制度に関するセミナー(前編)
 ・解説 指定給水装置工事事業者制度への指定の更新制の導入 …翠川和幸
 ・事例報告①~③(東京会場:東京都、横浜市、横須賀市)
 ・事例報告④~⑥(大阪会場:大阪市、豊中市、大津市)

■シリーズ 海外水ビジネスの要点を探る⑭
 国際開発金融機関(MDBs)について 第2回…工藤克典

■コラム 海外水ビジネスの眼 モスクワとサハリン…NY

■追悼 三竹育男さんとの思い出 …清塚雅彦
    三竹さんの志を次代に繋ぐ…山下朋美、田中健夫

■海外短信 トロイの木馬 …齋藤博康

■余話様々・虚無恬淡 第70回
 万葉集、大伴旅人と家持と …八木美雄

■「下水道技術士」への道(20)…下水道技術士試験研究会

■下を向いて歩けば 第六十六回
 憎っくき新型コロナウイルス …垣下嘉徳
・経済時評 二兎追い二兎得るには …真保秀幸
・公論ダイジェスト
・広告索引/編集後記

◆表紙バック写真 佐賀市下水浄化センターとその維持
 管理に従事するキュウセツAQUA㈱の社員

 

過去の記事

ページの先頭に戻る