水道公論

水道公論 2020年10月号

表紙の人 東京大学大学院 工学系研究科 都市工学専攻教授 片山浩之 氏

片山浩之(かたやま・ひろゆき)氏 プロフィール

 1998年3月東京大学大学院博士課程修了、同年4月同工学系研究科都市工学専攻助手、2002年1月同講師、2007年10月同准教授、2016年9月~2018年7月日越大学派遣を経て、2019年4月現職に就任。座右の銘はないというが、好きな言葉は母校の灘高校の校是である『精力善用』『自他共栄』。趣味は囲碁。高校生の日本代表主将を務め、小学5年生の時にプロ棋士の誘いを受けた。旅行も好きで、買い物とタクシーで使うくらいならタイ、ベトナム、中国、韓国、ドイツ、フランス、スペインなどの多国語を話す。読書のジャンルは幅広く、言語学者のスティーブン・ピンカー、進化生物学者のスティーブン・ジェイ・グールド、司馬遼太郎、世代別思考回路に関する本などを読破している。1970年生まれ、芦屋市出身。

10月号目次

■グラビア

・こうろん ウイズ・ポストコロナ社会と気候危機、その対応は如何 …水未来の流離人
・令和2年7月豪雨 経験生かし被害軽減へ
・WITHコロナ時代に対応 工夫凝らした取組みさまざま
・AI・IoT・VRで効果創出へ
・日水協 令和2年度イノベーション賞
・ひろがるマイボトルの習慣
・技術最前線 建築設備用ポリエチレンパイプシステム 研究会/ラサ商事/フジテコム/テレネット
・マンスリーフラッシュ

■表紙の人に聞く
・水中のウイルス濃縮法を開発し日本の上下水道処理の改善提案 …片山浩之氏

■記者座談会
 頻発する豪雨・台風への予防策

■逆転の思想 古い建造物の再建保存 …亀田泰武

■研究報告 平成時代30年間の水道「光と影」…水道事業活性化懇話会

■技術報告 コンクリートとアスファルトの自己治癒技術は地球を救う…會澤高圧コンクリート㈱

■連載 列車トイレ世界編 ②スイス …清水 洽

■技術評論 水道の使用水量減少と人口減少との関係…多芸無芸

■歴史探訪 日本下水道施設管理業協会 歴代会長物語
 第一話 『吉澤信一初代会長の誕生』 …村國政春

■海外短信 海外人名考 …齋藤博康

■シリーズ 海外水ビジネスの要点を探る⑱
 ADBのPPP支援業務の概要と水事業PPP案件形成…安間匡明

■コラム 海外水ビジネスの眼 最近の公益事業の動き…NY

■コラム 楽知る上下水道 ②ネバネバとサラサラ…那須 基

■公論交差点 性能が持続する深井戸の構造と管理…古賀輝彦

■Finder~技術者の視点から~㉟ 技術証言⑵…中里卓治

■余話様々・虚無恬淡 第73回 読書あれこれ⑸
 永井荷風の生き方 …坂本弘道

■「下水道技術士」への道(24)…下水道技術士試験研究会

■下を向いて歩けば 第七十回
 疫病には宇都宮の名物 …垣下嘉徳
・経済時評 柔軟なデジタル化の推進を …真保秀幸
・公論ダイジェスト
・広告索引/編集後記

◆ 表紙バック写真 東京タワーから眺めた東京湾

 

過去の記事

ページの先頭に戻る