特集企画

IWA世界会議まで2年 その実像に迫る

2016年01月06日

2018年 世界が日本の「水」を知る日

 2013年9月、国際水協会(IWA)が主体となり2年に一度開催する「IWA世界会議」の2018年開催都市が「東京」に決まった。
 かつて、IWA世界会議の開催地を巡っては、横浜、札幌、そして東京が立候補し、敗れている。過去の苦い経験を活かし、万全を期して臨んだ今回、日本の上下水道関係者が一体となった「オール・ジャパン」を全面に出した招致活動を強力に展開。その結果は……。開催地を決定する理事会で、参加した42カ国すべての投票用紙に「東京」の文字が記された…(9~16面)

ページの先頭に戻る