最新ニュース

BASFジャパン 防食分野に本格参入

2019年10月23日

 世界最大の総合化学メーカーBASF社の日本法人「BASFジャパン(本社=東京都中央区、石田博基社長)」は、施設防食樹脂分野に本格参入する。製品ラインナップの第1弾として、エポキシ・ポリウレア双方の特性を兼ね揃えたコンクリート防食被覆工法「マスターシール7000CR」を市場投入した。今後、工業会組織の設立による普及体制の構築、プライベートライセンスの整備による品質確保体制の構築などを進める考え。

ページの先頭に戻る