特集企画

2018年 技術・製品ハイライト

2017年12月13日

 本格的な人口減少社会が到来し、下水道事業を取り巻く環境はますます厳しさを増している。これに加えてこれまで整備してきた膨大なストックが今後一斉に更新期を迎え、厳しい財政状況の中で適切な維持・更新が求められている。
 その中、国土交通省では平成26年に「新下水道ビジョン」を取りまとめ、今後の下水道事業の進むべき針路を明らかにした。
 そして、今年8月には、ビジョンで示されたコンセプトの実現を加速させるため「新下水道ビジョン加速戦略」を策定。加速戦略では、新下水道ビジョンの実現加速の観点から国が選択と集中により今後5年程度で実施すべき施策を八つの重点項目に沿って取りまとめ、今後の国の下水道政策の方向性を示した・・・(別刷1~32面)

ページの先頭に戻る