最新ニュース

19大都市検討会 全国の防災力向上へ

2020年02月13日

 全国19大都市で構成する大都市水道局大規模災害対策検討会で議論を進めてきた「南海トラフ巨大地震対策《全国の水道事業体に向けた緊急提言》」が取りまとめられた。提言では、南海トラフ巨大地震の発生時に懸念される「給水車の大量不足」と「迅速な救援体制の構築」に対応する21項目の具体的な課題解決手法を示しているが、各地で頻発する直下型地震や豪雨災害など幅広い事象にも適応する内容となっている。今後、事務局都市の東京都水道局をはじめ、検討会参加都市のHP等で公表するほか、厚生労働省や日本水道協会に対しても提言を行い、全国の水道事業体における防災力強化の一助となることが期待される。

ページの先頭に戻る