コラムー幹せん枝せん

4月25日 2405号

2018年04月25日

Gレポ、五段階評価で現状分析。マネジメント意識の醸成を。
                   ◇
通信簿の結果いかんで予算配分に影響。自立と自律へ導きたい。
                   ◇
技術海外実証事業で日本の技をアピール。実利ある普及に期待。
                   ◇
実用化しやすい環境整備こそ技術開発挑戦への原動力に。

ページの先頭に戻る