コラムー幹せん枝せん

4月13日 2302号

2016年04月13日

施設機能動向の見える化。データ活用してこそ持続への起点に。
                   ◇
水質改善と省エネの二軸管理。近未来への確かな描出。
                   ◇
大深度巨大トンネル。国際貢献に期待される本邦技術の枠。
                   ◇
与党もインフラ輸出に注目。サミットに向け国益向上策を提言へ。

ページの先頭に戻る