コラムー幹せん枝せん

3月7日 2398号

2018年03月07日

3・11、7年。悲痛の景色、時重ね薄らぐ寂しさ。風化させない。
                 ◇
柔軟的管理で流入水量の増減に対応。人口減少社会のモデルに。
                 ◇
安全管理は事業の一丁目一番地。緊張感なき工事するべからず。
                 ◇
先読みできぬは未来拓けぬ。広域化・共同化、事業持続への解。

ページの先頭に戻る