コラムー幹せん枝せん

2月8日 2343号

2017年02月08日

生態系への配慮など季節別の運転。能動的水管理の進化を。
                  ◇
ICT活用で段階的高度処理。制御技術の進化で未来を拓け。
                  ◇
向かうべき着地点見失うことなかれ。見える化はゴールではない。
                  ◇
ナショナルセンターとしての使命と責任。新リーダーの先導期待。

ページの先頭に戻る