コラムー幹せん枝せん

11月30日 2334号

2016年11月30日

広域連携への先導に期待。まず第一歩、動かしてこそ、未来展望。
                  ◇
下水汚泥を日本産資源に。下水道ゼロエミッションの武器に。
                  ◇
メンテナンス投資の形成を。事後対応は先進国にそぐわない。
                  ◇
経済界の役割増大も利益追求だけでなく社会貢献の両輪の視点で。

ページの先頭に戻る