コラムー幹せん枝せん

11月16日 2332号

2016年11月16日

バイオ集約し資源活用。マニュアル作成へ。中小への普及期待。
                  ◇
真の循環型社会形成へ柔軟な発想を。再エネ開発で地方創生へ。
                  ◇
持続へ広域化の波。理想だけでは進まぬ。やりきる信念こそ。
                  ◇
南蒲生の沈下原因究明なれば即行動。復興スピリット止めるな。

ページの先頭に戻る