コラムー幹せん枝せん

1月24日 2392号

2018年01月24日

汚水処理全体で広域化・共同化。時代の潮流も全体最適極め。
                  ◇
ICT活用で連携構築。都道府県構想バージョンアップに期待。
                  ◇
衛生性さらに高み。病原性対策など水質リスク向上、知を結集。
                  ◇
戦略示し、具体戦術で組織動かす。精神論・抽象論で人動かぬ。

ページの先頭に戻る