コラムー幹せん枝せん

1月22日 2495号

2020年01月22日

変わる時代の分析図り持続と進化の環境整備へ法制度を検証。
                 ◇
人口減少、気候変動と社会激変も自立と自律を磨きたい。
                 ◇
台風爪痕癒えぬも完全復旧着実に。本稼働へ汗一滴も無駄なし。
                 ◇
地域の独自性・独創性を磨くことこそが時代の最先端の近道に。

ページの先頭に戻る