最新ニュース

鳴門市 管路DBで送水管更新

2019年11月07日

 鳴門市企業局は、老朽化が進み早期の更新が必要だった重要幹線の妙見山送水管の更新事業について設計・施工一括の管路DB方式で発注、公募型プロポーザルの結果、クボタが優先交渉権者に選定され、このたび工事請負契約を締結した。令和元年9月から約2年半で、約3110㍍をGX形ダクタイル鉄管で布設替えを行う。来年度早々から施工に着手したい考えで、施工品質を確保しながら、DB方式のメリットの一つである工期短縮の実現をめざす。

ページの先頭に戻る