特集企画

首長が見る下水道の価値

2016年07月27日

 下水道――。都市活動に不可欠なインフラでありながら、国民にその存在や価値を認識されることは少ない。人・組織の脆弱化、技術の継承が課題となっている中、眼前には施設の大量更新期が迫っており、限られたリソースを活用した地域の持続策が求められている。今回、政令市、中核市、中小都市、町の各首長に、まちづくりにおける下水道の価値を聞いた…(5~10面)

ページの先頭に戻る