最新ニュース

首都圏支援事業プラットフォーム 昨年度は9件の実績

2019年05月27日

 首都圏水道事業体支援事業プラットフォームの今年度1回目の運営委員会が4月17日、東京都水道局立川庁舎で開かれた。同プラットフォームを窓口として実施される首都圏水道事業体支援事業は、日本水道協会関東地方支部の事業として位置付けられており、東京都水道局、横浜市水道局、川崎市上下水道局の3事業体が連携しながら、各々が有するノウハウや技術力を活用して支援を行うもの。

ページの先頭に戻る