最新ニュース

青森県内6地区 広域連携 多様な手法で

2019年04月08日

 青森県の総務部市町村課と健康福祉部保健衛生課は、平成28年10月に県内水道事業体を構成員とする「青森県水道事業広域連携推進会議」と県内6地域の地区会議を設置し、地区ごとの広域連携に関する検討を支援してきた。2年半を経て、3月25日には各地区が検討結果を公表。全体として「連携によるメリットのあることに、できることから取り組む」との方向の下、災害対策や給水装置、水質、施設・システム、統合など幅広い分野で連携の意思や方向性が示された。今後もそれぞれの検討は継続され、県は事業の健全な維持に向けてこれらを支援していく。

ページの先頭に戻る