特集企画

  • HOME
  • 特集企画
  • 雨政策鼎談 水位測定を下水道の新たな文化に

雨政策鼎談 水位測定を下水道の新たな文化に

2016年02月24日

 全国的に豪雨による被害が頻発している状況を受けて、大都市以外の市町村でも浸水対策の推進が求められている。市町村の雨対策を牽引するには、都道府県のリーダーシップが必要だ。流域単位での雨対策を考える時、市町村間の連携や、下水道と河川、都市部局との連携が効果的だが、その要となるのは広域行政体である都道府県の存在である。時代は雨主流へ舵を切ったが、雨に関する議論がこれまで不足してきた中で、あらためて都道府県の役割が問われている…(2面)

ページの先頭に戻る