最新ニュース

関東化学 水質試験用標準液

2019年05月20日

 平成27年と28年の検査方法告示改正によって、水道水質検査に用いる標準液等の試薬に「計量法に基づく国家計量標準にトレーサビリティが確保されたもの」が使用できるようになった。総合試薬メーカーの関東化学(本社=東京都中央区)は、国際的にも通用する計量法トレーサビリティ制度「MRA-JCSS」に適合した各種の標準液を製造・販売している。事業体や検査機関からの好評を受け、ラインアップは拡充の一途を辿っている。

ページの先頭に戻る