最新ニュース

長野県主導でシンポ 事業体ら200人超

2019年07月29日

 「持続可能な水道経営の確立に向けたシンポジウム」(主催=長野県、長野県企業局、長野県水道協議会)が25日、長野市内で開かれ、3題の基調講演に加え、東洋大学大学院の石井晴夫客員教授をコーディネーターに国、県、水道事業管理者、市村の首長をパネリストに迎えたパネルディスカッションを展開。各主体が連携しながら持続可能な経営に取り組んでいく機運醸成を試みた。県内事業体や関係企業等から200人以上が参加した。

ページの先頭に戻る