特集企画

進化する雨主流

2017年08月30日

 水防法・下水道法改正により、ハード・ソフト両面からの雨対策を推進するメニューが揃い、雨主流が本格化した。そして今、「i-Gesuido」「新下水道ビジョン加速戦略」の速やかな実践が求められている。各種ガイドライン類の活用による雨水管理計画策定の加速、ICT活用や水位周知下水道の取組みの加速、河川や民間と連携した効率的な浸水対策の促進など、雨主流の進化に向けて種々の施策が講じられつつある。国交省の岡本流域管理官に雨の最新施策の動向をお聞きするとともに、各種の最新知見と施策を紹介する・・・(5~20面)

ページの先頭に戻る