特集企画

  • HOME
  • 特集企画
  • 豊中市が水道通水90周年 上下水道局発足10周年

豊中市が水道通水90周年 上下水道局発足10周年

2019年02月04日

 株式会社クボタ工建は1日、社名を「株式会社クボタ建設」に変更した。来年1月には、クボタグループのクボタパイプテックおよびクボタプラテックの工事部門との再編を予定している。今後、クボタのパイプインフラ事業との連携をさらに強化し、総合管路ソリューション事業にも取り組むとともに、水関連事業の建設専門企業「水コン(みずコン)企業」として事業量拡大を図る。荒川社長に、同社のこれまでの歩み、ならびに新たな〝クボタ建設〟の今後の戦略について伺った・・・(4面)  豊中市は、今年度が水道通水90年、上下水道組織統合10年の節目の年に当たる。これを記念して、2月16日に豊中市立文化芸術センターで記念フォーラムが開催される。豊中市は、約40年前から配水管整備事業に合わせて配水ブロック化を進めるなど、全国的にも先進的な取組みを進めてきた。日本水道協会の大阪府支部長都市として、府内水道事業の発展、災害時の緊急対応等にも努めてきた。阪口博上下水道事業管理者に、昨今の取組み、記念フォーラムの概要等について伺った・・・(2~4面) 株式会社クボタ工建は1日、社名を「株式会社クボタ建設」に変更した。来年1月には、クボタグループのクボタパイプテックおよびクボタプラテックの工事部門との再編を予定している。今後、クボタのパイプインフラ事業との連携をさらに強化し、総合管路ソリューション事業にも取り組むとともに、水関連事業の建設専門企業「水コン(みずコン)企業」として事業量拡大を図る。荒川社長に、同社のこれまでの歩み、ならびに新たな〝クボタ建設〟の今後の戦略について伺った・・・(4面)

ページの先頭に戻る