特集企画

  • HOME
  • 特集企画
  • 計画的管路管理を実践 関西下水道事業最前線’18

計画的管路管理を実践 関西下水道事業最前線’18

2018年12月26日

 下水道処理人口普及率が8割に迫り、全国に布設された下水道管きょの総延長は約47万㌔㍍に達している。こうした中、改正下水道法では今年11月までに「管きょの点検・調査計画」を事業計画に盛り込むこととなっているほか、ストックマネジメント手法に基づく管路施設の計画的な維持管理や改築更新、事業量平準化の推進が求められている。そこで、関西地方での管路管理の現状と取組みに焦点を当て、現状の解説や新たな視点として注目を集める管路の包括的民間委託の今などから、今後の地域の管路管理におけるキーワードを探る・・・(2~5面)

ページの先頭に戻る