特集企画

解説 平成29年度下水道関係予算案

2017年01月25日

 平成29年度予算政府案が昨年12月22日に閣議決定された。地方公共団体の下水道事業補助の柱となる社会資本整備総合交付金、防災・安全交付金の両交付金は前年度から微増の1兆9996億9400万円が計上されている。下水道部の新規制度については下水道総合地震対策事業の拡充や広域化・共同化等の計画策定支援のほか、国際展開に関連する行政経費も増額し、防災、地域活力向上、国際展開を軸とした予算編成となった。今回、国土交通省下水道部による平成29年度予算案の下水道関係分の解説を軸に、予算制度の動向などについて紹介する…(2~6面)

ページの先頭に戻る