最新ニュース

裾野市審議会 経営戦略とも「妥当」

2020年03月16日

裾野市水道事業審議会および裾野市下水道審議会(会長=佐藤裕哉早稲田大学准教授)は4日、髙村謙二市長から昨年9月に諮問された適正な水道料金と下水道使用料、上下水道事業の経営戦略案について答申した。両審議会が昨年9月から4度の会合と一部パブリックコメントを通じてまとめたもので、水道料金と経営戦略については妥当性を認めた一方、下水道使用料は平均21.3%の値上げが必要だとした。

ページの先頭に戻る