最新ニュース

積水化学 新社長に加藤専務

2020年02月20日

 積水化学工業は13日に取締役会を開き、加藤敬太代表取締役専務執行役員を次期社長に内定した。就任は3月1日付で、髙下貞二社長は代表取締役会長に就任する。新体制の下、2030年代の業容倍増(売上高2兆円)に向けた長期ビジョンと今年4月から始動する3カ年の新中期経営計画の実践、ESG経営の強化などを進めていく。

【加藤敬太(かとう・けいた)氏の略歴】昭和55年京都大学工学部卒、積水化学工業入社。平成20年執行役員高機能プラスチックスカンパニー中間膜事業部長、26年取締役常務執行役員同カンパニープレジデントなどを経て、31年4月から代表取締役専務執行役員ESG経営推進部担当、経営戦略部長。昭和33年1月11日生まれ、大阪府出身。

ページの先頭に戻る