最新ニュース

福島県下水道公社、JS 直面する課題解決へ

2019年09月11日

 福島県下水道公社は7月24、25日の2日間、福島市内でJS日本下水道事業団と連携した特別研修「わがまちの下水道事業を考える」を開催、県内8自治体から9人の下水道主管課長相当職員が参加し、経営など直面する課題解決に向けて、意見を交わした。参加市町は、福島市、喜多方市、本宮市、桑折町、会津坂下町、矢吹町、棚倉町、三春町。


ページの先頭に戻る