最新ニュース

石垣 プラチナシステム初受注

2019年10月09日

 石垣(石垣真社長)が開発した繊維状物を脱水助材に活用する汚泥処理コスト低減技術「下水汚泥由来繊維利活用システム(プラチナシステム)」の初受注が決まった。熊本市南部浄化センターの汚泥処理プロセスに導入されるもので、JS日本下水道事業団の発注案件(同センター汚泥処理設備工事)。契約金額は2億2750万円(税抜)、工期は令和3年2月まで。


ページの先頭に戻る