最新ニュース

環境省 アジアの水環境改善へ

2019年10月02日

 環境省は、令和元年度アジア水環境改善モデル事業の対象事業を選定、公表した。
 採択されたのは▽アースクリエイティブ、山口大学、アイ・シー・ネット「インドネシア・バリ州における液膜曝気システムとIoT監視センサー導入による生活排水の適正管理事業」▽NJSコンサルタンツ、DHSテクノロジー、三機工業、積水化成品工業「マレーシア国コタキナバル市Likas湾汚濁改善緊急対策パイロット事業」▽地球環境センター、帝人フロンティア、滋賀県、立命館大学「繊維担体を用いた多段式生物処理によるベトナム国ハロン湾水質改善事業」▽鳥取再資源化研究所、エーイーエスラボ、Tai Hoe Resources Sdn.Bhd.「マレーシア国におけるパームオイル工場廃水処理事業」の4件。


ページの先頭に戻る