特集企画

特集・水道水質管理の現状と未来

2019年02月25日

 全国での汚水処理人口普及率の向上と相まって水道原水(表流水)の水質は高度経済成長時代と比べると良くなって来ているという。一方で、耐塩素性病原物質や植物プランクトン、浄水処理対応困難物質等への対応など、水質管理・浄水処理を巡る課題は多様化、複雑化しているようにも思われる。そこで、水道水質を巡る人・技術に焦点を当て、安全で安心な水づくりに注力している北九州市、奈良市の取組みを紹介する・・・(12~13面)

ページの先頭に戻る