特集企画

災害時の切れ目ないトイレ環境確保へ

2016年04月27日

 国土交通省下水道部は3月4日、「マンホールトイレ整備・運用のためのガイドライン」を公表した。現在、マンホールトイレを含め災害時のトイレ環境の整備は十分とはいえない。それぞれの地域や状況に応じた災害時のトイレ環境を考え、事前の準備やイベントなどを通じて平常時からの整備の必要性や利活用法を知ってもらうため、ガイドラインのさらなる周知が必要である。いつ起こるかわからない災害に私たちはどう備えればよいのか。災害時の切れ目ないトイレ環境を確保するために、ガイドライン策定に携わった関係者にガイドラインに込めた思いや活用方法について語っていただいた…(16~18面)

ページの先頭に戻る