最新ニュース

水道標準プラットフォーム テスト環境 年内に提供

2019年11月04日

 来年4月のサービス開始に向けて開発が進む「水道標準プラットフォーム」に関する説明会・個別相談会が10月16日の仙台会場を皮切りに全国7会場で開かれた。
 「水道標準プラットフォーム」は、複数の水道事業体が共通システムを用いることでデータ利活用のメリットの最大化を狙い、経済産業省の水道施設情報整備促進事業を受託するJECC(桑田始社長)が開発とサービス提供を行うもの。

ページの先頭に戻る