最新ニュース

水循環政策本部事務局 情報化と地域活力向上に脚光

2019年07月18日

 内閣官房水循環政策本部は4日、水循環施策の推進に関する有識者会議(座長=沖大幹東京大学未来ビジョン研究センター教授)の第4回会合を開き、現行の水循環基本計画の個別施策のレビューを行うとともに、2020年度をスタートとする次期計画の重点内容を議論した。水インフラの情報電子化・データベース化をはじめとするSociety5.0に対応した施策とともに、地域活力と水循環の視点が重視され、担い手となる水循環アドバイザー制度の創設が盛り込まれた。また、水道など重要インフラの防災・減災対策、広域連携・官民連携を通じた「基盤強化」も示された。

ページの先頭に戻る