最新ニュース

水団連 要望の実現性高める

2019年08月05日

 日本水道工業団体連合会は1日、来年度政府予算の編成作業が本格化するのに合わせ、関係各省と国会議員に上・工・下水道事業への支援拡充を要望した。副会長(代理を含む)10人らの要望団は、厚生労働省水道課や国土交通省下水道部をはじめ、多くの国会議員などと面談。関係予算の所要額確保・制度拡充を求めるとともに、その執行や〝3か年緊急対策〟後の見通し、改正水道法への対応などに関して意見を交わした。各省は8月末をめどに概算要求を財務省へ提出する。

ページの先頭に戻る