最新ニュース

水団連 事業持続へ継続支援を

2019年03月18日

 日本水道工業団体連合会(会長=木股昌俊クボタ社長)は13日、厚生労働・総務・経済産業など各省に対し、2020年度政府予算編成についての要望活動を実施した。対前年度で大幅増となった来年度予算について、発注者側の業務量増大が想定されることから、業務の平準化につながる予算の早期執行を求めるとともに、再来年度予算編成に関して例年に増して迅速に働きかけることで、事業基盤の強化を強く後押しする産業界の姿勢を示した。

ページの先頭に戻る