最新ニュース

水みらい小諸が業務開始 中小規模の挑戦 公民で

2019年10月03日

 小諸市と水ingAM、第一環境の出資による公民共同企業体「水みらい小諸」が1日、指定管理業務を開始した。指定管理者制度と第三者委託の併用で市水道事業の日常業務を幅広く担いつつ、〝小諸発〟の広域連携も模索する。こうした運営手法が給水人口5万人未満の事業体で導入されるのは全国初。同日には業務の引き継ぎ式が開かれ、小泉俊博市長(水道事業管理者)から古澤文人代表取締役社長に水道施設の鍵が手渡された。

ページの先頭に戻る