特集企画

東海3都市鼎談 維持管理と官民連携

2016年06月29日

先進事例から事業持続を考える

 今夏の下水道展は、4回目、6年ぶりの名古屋開催となる。そこで開催地の名古屋市と、東海地区の先進都市である豊橋市、浜松市にお集まりいただき、下水道事業の最新動向について、意見を交してもらった。昨年の下水道法改正による維持管理修繕基準をはじめとする管路管理の最新動向や、下水道の持つポテンシャルを最大限に活用するための官民連携事例、さらには事業持続に向けたそれぞれの方向性など、現状と今後をご紹介いただいた…(2~4面)

ページの先頭に戻る