特集企画

東日本大震災から8年

2019年03月11日

 東日本大震災から8年。甚大な津波被害を受けた岩手・宮城・福島の沿岸地域の景色は大きく変化した。
 がれきで覆い尽くされた街並みは、人の営みとともに道が拓かれ、建物が築かれ、少しずつ日常を取り戻している。
 水道関係者は、安全な水供給が絶たれた被災者に水を届けるため、全国から給水車を出動させた。そして、水供給をいち早く取り戻すため被災地に集い現場を奔走、今なお復興のために各地からの支援が続いている…(5~20面)

ページの先頭に戻る