特集企画

  • HOME
  • 特集企画
  • 東日本大震災から5年 -あの日を忘れない 被災地復興に残したレガシー-

東日本大震災から5年 -あの日を忘れない 被災地復興に残したレガシー-

2016年03月09日

教訓「形」に残し復興へ5年目の春

 東日本大震災から早5年が過ぎようとしている。
 あの激震をあらためて振り返ると、13都県134市町村等にも及ぶ過去に類を見ない広域災害となり、下水道インフラも処理場120カ所、管路675㌔㍍という甚大な被害が発生した。
 当初、巨大津波、大規模液状化など、想定外の被害状況に復旧への道程の険しさが予想されたが、福島原発事故による避難指示区域や、高台移転など復興まちづくり事業に伴う面整備を除けば、関係者の英知と努力により、ほぼすべての処理場・管路が復旧を終えたようだ…(5面)


【第2部目次】
◇震災の記憶紡いで未来へ仙台が後世に伝えるもの …6、7面
  奥山恵美子・仙台市長
    ×
  塩路勝久・国土交通省下水道部長


◇豊かな海を守る大船渡モデル震災乗り越え創る未来 …8、9面
  戸田公明・大船渡市長
    ×
  加藤裕之・国土交通省下水道部流域管理官


◇次世代につなぐ未曾有災害の遺産 …10面
  -神栖市-


◇行政間連携がつないだ被災地支援の持続 …11面
  -東京都・TGS・浦安市-


◇被災市町村の事業持続に向けて …12面
  -岩手県-


◇将来を見据えた復興の軌跡 …13面
  -宮城県-


◇発災から5年放射能汚泥対策の軌跡 …14面
  -環境省-


◇住民帰還へ浪江町災害復旧工事 …15面
  -福島県浪江町-


◇地域の持続と未来志向の視点 …16、17面
  大村達夫・東北大学教授
    ×
  手塚利幸・宮城県山元町上下水道事業所施設班長
    ×
  櫛田泰明・いわき市生活環境部生活排水対策室長
    ×
  小浜一好・横浜ウォーター技術統括部長


◇本格供用目前未来志向型処理場の全容 …18、19面
  -仙台市南蒲生浄化センター-

ページの先頭に戻る