最新ニュース

東京都長期構想 環境変化対応の〝羅針盤〟

2020年02月03日

 東京都水道局は、2060年までの水道需要、施設整備、業務運営体制および財政収支を推計するとともに、2040年代を視野に、おおむね20年間の事業運営を示す「持続可能な東京水道の実現に向けて 東京水道長期戦略構想2020」の素案を1月31日、公表した。2025年をピークとした都の人口減少推計をはじめ、事業を取り巻く環境変化に柔軟に対応しながら、課題解決に向けた対策を着実に進める。3月15日まで都内の在住、在勤、在学者を対象に意見を募集中。詳細は同局HPを参照。意見等を踏まえ来年度に策定する。

ページの先頭に戻る