特集企画

東京都下水道事業 経営計画2016

2016年03月30日

暮らしを支え、未来の環境を創る下水道

 東京都下水道局は、平成28年度から32年度までを計画期間とする「東京都下水道事業 経営計画2016~暮らしを支え、未来(あす)の環境を創る下水道~」を策定し先月に公表した。32年の東京2020オリンピック・パラリンピック開催を見据えて建設投資増額による着実な推進を明記するとともに、計画期間も従来の3年間から5年間に延伸。また、その後の東京のあり方も視野に入れ、持続的発展に向けた中長期的目標も明示した。公営企業として、経営基盤の強化も重要課題に盛り込まれている。下水道界のトップランナーとして、東京2020大会およびさらに先の未来へ向けてスタートを切った同局の主要施策を紹介する…(2~14面)

ページの先頭に戻る