最新ニュース

東京都 渋谷駅75mm整備が完了

2019年11月27日

 東京都下水道局は令和2年度下水道主要事業計画概要を公表した。下水道事業会計の令和2年度予算要求額は約7395億9200万円(前年度予算額比約0.5%増)。都民の生活を守り、安全で快適な都市活動を支えるため、令和2年度が最終年度となる「経営計画2016」に掲げた事業を着実に推進していく。東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた整備がおおむね完了を迎え、区部では平成25年度から整備を進めてきた75㍉施設整備地下街対策地区である渋谷駅東口の貯留施設がオリンピックを前に稼働開始予定。多摩地域では、エネルギー・地球温暖化対策として北多摩一号水再生センターに第二世代型焼却炉、八王子水再生センターに汚泥処理設備を整備する。

ページの先頭に戻る