特集企画

札幌下水道の持続に向けて

2018年06月13日

 札幌市下水道河川局長に渡邉氏が4月に就任し、新体制がスタートした。昭和30年代からの都市の急激な成長に合わせて集中的に整備を行ってきた同市の下水道は、膨大なストックの維持管理と改築更新が課題となっている。財政的な制約もある中で、下水道をいかに次世代につないでいくか――、渡邉局長に課題と今後の展開をお聞きするとともに、雨水整備、施設改築の二大施策を紹介する・・・(2~3面)

ページの先頭に戻る