特集企画

  • HOME
  • 特集企画
  • 明治期を学び未来へつなげる 特集「明治150年」と上下水道

明治期を学び未来へつなげる 特集「明治150年」と上下水道

2018年12月26日

明治元年から起算して満150年の節目の年が幕を閉じようとしている。近代国家にとって上下水道整備を通じた「衛生」確保は至上命題であった。明治という時代は、開国により新たに交わる人とモノ、殖産興業の推進により激増するあらゆる生産と消費に対応できる国家の基盤を「攻め」と「守り」の両面からつくり上げた。無い知恵は海外に学び、新たな知恵を伝搬する「人」「制度」「体制」つくりに奔走した。明治期が目指した拡大が頂点に達し、縮小へと向かうわが国は新たな危機の克服に立ち向かわねばならない。明治期の躍動を学び、次なる150年へ向かうため、この節目に明治を辿る・・・(9~16面)

ページの先頭に戻る