最新ニュース

日水協 実態反映 官民連携後押し

2019年02月18日

 日本水道協会は水道施設維持管理等業務委託積算要領を改訂し、業務種別等で区分した4種類の積算要領を発刊した。日水協では、民間委託の増加と水道事業体からのニーズを背景に平成22~23年にかけて管路等維持管理、浄水場等運転管理、水質検査・管理――の積算要領を、25年には浄水場管理の第三者委託の増加に対応した積算要領を策定してきた。今回の改訂では各積算要領を「水道施設維持管理等業務委託積算要領」の名称のもとに統一。業務実態と現場ニーズを踏まえた内容とした。いずれも初改訂で、基盤強化に向けた官民連携の機運が高まる中、事業現場必携の書となる。

ページの先頭に戻る